こぼれ…ませんでした



愉快に「バイオレットな御方(おんかた)」を書いたあと、「余聞」を書いていました。
書けば書くほど、全然「こぼれ話」ではなく、「指輪」の続編のようになってしまいました。

そうしているうちに、もうあの2人のことは書くまい、と決めていたのにどうしてもふつふつと「甘いのが書きたい」「書くならあの2人がいい」と思い出し、なにかがゆっくりと動き出しました。

「指輪」と新しい展開の話をつなぐための「余聞」になりつつあります。
「御方」が終わったら、また「余聞」を上げるつもりです。
よろしくお願いします。

が…
あ、あたいの妄想野望が…
大魔導士と弟子(弟子はいっぱいいるなぁ)とか、
狐と破壊黒魔導士候補とか、
オッドアイズの弟子とまるっこい妖精とか、
王道で街外れの2人とか、
ありえない組み合わせでなんとかむにゃむにゃもにゃもにゃさせてみたい…
という野望が…ああああっ!
読者を混乱させるのでやめておいたほうがいいですが、そういうのものぞいてみたかったです。

あ、野望ついでに言うと、いつか
「広島弁主人公」
で方言もえもえしたい!
です。

入力が面倒なんじゃけど、やっぱりアクセントや音の感じが文字じゃとあんまり伝わらんのんじゃけど、やってみたいんじゃあああああっ!

とりあえず、まずはこの「指輪」関連をなんとかせねば。
新展開なんて、一文字も書いてないもん。

よろしくお願いします。


毎回、書きますが完結した作品も含め、読んでくださる方、ブックマークや評価、感想をくださる方、ありがとうございます。
自分の中にじわっと広がる嬉しさで幸せな気分になります。





コメント