大人になった君が見たかった




ふと、「騎士が花嫁」のリノが大きくなった様子が見たくなりました。

本編の最後、結構おっとこ前になり、「これからどんな大人になるのか楽しみ!」という感想も幾つかいただきました。
そのときの私は「うーん、そうねぇ。でもきっと書かないだろうな。だって想像できないんだもん!」と思っていました。


しかし、ぽちぽちとこぼれ話を書いているうちに、「こんな感じなら書けるんじゃないか」と思い、浮かんできた一場面を切り抜いてみました。




書いていたら、ひょろひょろの少年ではなくなっていたので、思った以上に「できることが増えてる!」という手ごたえがありました。

あと、ずっと気になっていたことにさらりと触れてみました。
具体的にどうだったのか、今のところ書くつもりはありませんが、そのうちその気になったら書くかもしれません。



大きくなったリノは、思ったより助平で、相変わらずの純真さを持っていました。
ジュリアスは寝ていたのでわかりませんが、乙女であり続けてほしい、と思います。




今のところ、あと3つ、ネタがあります。
狙ったわけではありませんが、本編の前、本編中、本編後の話で、相変わらず主役ほったらかしのようです。

しかし、最近、大人リノと渋い大人ジュリアスの前に小さなコドモがうろちょろ走り回っているのをちらちらと見ます(私の妄想内で)。
このコドモを登場させていいものかどうなのか、判断がつきませんが走っています。
もしもし、君は誰なんだい?




■騎士が花嫁こぼれ話 009.月明かりの背中 (ムーンライトノベルズ。R18BL。閲覧注意)







コメント