2万字の罠 / 「まだ宵ながら」あとがき


※ネタバレあり。閲覧注意。


主催をしている夏のBLフルーツパラダイス2018への参加をどうしようかと考えていた。
参加者がいなかったら、細々とひとり遊びで自分もぜひとも参加しなければなるまい、と考えていたが、幸いにも参加してくださる方がいらして、そういう意味で切羽詰まって参加をしなくてもよくなった。


しかし、ぼんやりと夏の話は自分の中に浮かんでいた。

春に見た美術館での絵画にパリの未亡人が描かれたものがあった。
喪服である黒いドレスに身を包み、女性の自立が認められていなかったため、夫を失えば生活も失われることとなり、その不安や怖れ、疲れなどを内包した表情をしていた。

それを見ながら「未亡人もののお話が書いてみたいな」と思った。



そのときはそれで終わっていたが、フルパラ作品を考えるとき、隠された未亡人のことが思い浮かび、お話の舞台は「白妙薄紅」と同じ、というのが自然に同時に、自分の中で流れ始めた。


しかし、しばらくは自分の中にその話はぷかぷかと浮かんだままだった。


5月から募集が始まったフルパラは、6月末で締め切る。
半分過ぎた6月に入り、私はようやく未亡人のお話に取り掛かった。

最初は「蒸し暑い夏の夜」のことだけ、書くつもりだった。
「待っていてほしい」と男が告げ、去るところで終わりだったのに。

それが描写が少ないせいか、5000字も書かないうちに、どんどんお話が進んでしまうのである。
同時期に書いていた「空と傷」とは大違いだ。
こっちは「書いても書いても区切りがこない」と一話が5000字近くある、ボリュームたっぷりのお話となっていた。



ええっ?!まだ入っちゃう?まだ入っちゃうの??!!

私は続きを書いた。

え、まだ1万字ちょい?え?まだ?まだいけちゃうの?!




もうちょっと舞台裏を晒すと、「暑い夏の夜」にもにゃもにゃシーンを入れるつもりでもいた。
最初は無理矢理で、次には暑くてのーみそ溶けそうなとろっとろなのがいいなぁ、なんてのんきなことを考えていたが、「え、やっぱり無理矢理はやだ!」と思い直し、やめた。
だって書くなら、気持ちよさそうなのがいいし、そうしたら「声、抑えておけよ」とかいうより、のびのびと喘がせてあげたい。

そのせいで「狼藉者だ~!!であえ、であえ~~~!!!」となるのもやだ(ならないけど)。

というので、もにゃシーンは敢え無くカットされた。




実は、最終的には1万5000字程度でこのお話は終わっている。
あと5000字。
そう、はぴえんらぶえっちも狙えるわけですよ。

この後のことも考えていた。
ちょっときゅんとしたあと、新居にいき、うれしはずかししょや、とかとかとか!


が。
さすがにそこまでを5000字で書くと、「あらすじ」みたいになっちゃうし、慶左の純情、みたいな部分が失われちゃいそうで、それであそこで切ってみました。


これで思い留まらなかったら、お話としてちょうどいいところ、ではなく「2万字ぎりぎりまで書く」に挑戦していたかも。

いや、危ないあぶない。


何回か字数制限のあるコンテストに参加したことがありますが、そういうときって、「字数ぎりぎりまで粘ってやる!」と燃えちゃうんだもん。
実際は字数オーバーしていて、どうやって削ろうか頭を悩ませるので、制限ぎりぎりになるんですが。





「白妙薄紅」ではちょっと辛かった掛川が、いいパパになっていて、面白かったなぁ。
そっちが嬉しかったです。
ちなみに彼の正妻と側妻ですが、作中に登場しなかったのは、一緒に暮らすようになり、仲良くなって「湯治に行っていて留守」だったからです。



フルパラはコンテストではないので、「続き」を書いてはいけない、という制限はありません。
私以外にも「ああ、続きがある」「番外編が書きたい」という方もいらっしゃると思います。
説明文にその旨を明記していただき、じゃんじゃんばりばり書いてください。



あまりにも完成がぎりぎりすぎて、表紙をお願いすることができませんでした。
それがちょっと残念だなぁ。
やはりこういうイベントやコンテストのときには、素敵なおべべを着せてやりたい、と思うのでした。


あとね!あとね!
「空と傷」で失敗した(かもしれない)「シンデレラ・ストーリー」がここで完成しましたよ!
と、私は思っている!




本作品、あとがき等、お読みくださり、ありがとうございました。
Twitterには書きましたが、6月で、本格的にBL小説をネットに投稿し始めてから丸2年を迎えました。
ここまで書いてこれたことを嬉しく思います。
自分が書きたい!という思いもありますが、「読んでくださる人がいる」というのは、励みになりました。
本当に、嬉しい。
ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。

フルパラ募集ももう少ししています。
そちらもよろしくね。

浮かれた夏を過ごそう。


Kyrie




■参考

「まだ宵ながら」 ムーンライトノベルズ(R18BL。閲覧注意)


【募集】夏のBLフルーツパラダイス2018参加作品とポスター #夏BLフルパラ2018


【参加作品一覧】夏のBLフルーツパラダイス2018 本会場 #夏BLフルパラ2018



■追記

西瓜は出す予定がなかったけど、暑いから冷たいものが食べたいなぁ、と思ってちょっと出したら、なんだかキーワードみたいになってしまって、焦った。


コメント