人生には甘いものが必要 / 僕のレークス連載開始




年末、「ユーリ!!! on Ice」のロス状態でなんだか失恋したときのような気持ちが続いています。
そんなとき、そっと口にしたいのはなにか甘いもの。
「離れずにそばにいて」を聞くだけで、切なくなって泣きそうになってしまう私も胸焼けしそうなくらい甘いものが欲しくなりました。




そんなとき、Twitterで仲良くさせてもらっている佳絵さんとこんなやりとりをしました。









と、ついうっかり勢いで「プロトタイプ」を書いてみたんです(この展開、他でも見たことある)。

これで終わるつもりだったんですけどね。

主人公が15歳とか、もふもふがスーツ着たりとか、そういう「設定」っていうんですか?
それがちらちら見え始めてですね…



乙女にしたまんま放置の騎士様をなんとかしようと途中まで書いたものや、年内完結を目指したい指輪2の総書き直しの2話目とかですね、ほったらかして続きを書くことにしました。

登場人物を「獣人」にしてもいいのかどうなのかわからないのでキーワード設定が難しいです。


この勢い話と続きを書くことを佳絵さんは快諾してくださいました。
ありがとうございます。
大切にします。





甘いものがほしいのはあたいだよー!!
これで甘いと言えるのか、ほのぼのなのかじれじれなのか、なにかうまみがあるのか自分でもよくわからなくなってしまいました。

でも妄想できるところまでは書いてみようと思います(これって騎士様と一緒だ!)。



完結しないかもしれませんが、私にしては甘いお話をよろしくお願いします。



ちなみに私は甘すぎるものが苦手で、ケーキバイキングに行っても元が取れないと思います。
大人になって随分経つまで、ザッハトルテなどのチョコレートケーキを1カット、食べきれませんでした。

おまけにお菓子作りはからっきしです。
大丈夫か、あたし…?!




僕のレークス (ムーンライトノベルズ。R18BL。閲覧注意)
 



■参考

私の傷心の原因






■追記

もしかして、このお話だと私がちょっぴり憧れていた「イベントものSS」が書けるんじゃないの?
ヴァレンタインからひな祭りからお花見、端午の節句、七夕に真夏の思い出、あれやこれや…!!!








コメント