何度読まれても擦り減らないように



ごくまれに、私の書いたお話について「何度も読んでいます」と言われたことがあります。

嬉しいな。
その一方で、恐いな、とも思います。

というのも、自分のお話が「何度も読まれても耐えうるものなのか」という自信がないからです。


一番最初はもの珍しく、勢いでがーっと読めるかもしれません。
二度、三度もまぁ、いいでしょう。

しかし次からは、文章の粗が目立ったり、飽きてきたりするんじゃないか。
繰り返し読むと気づくなにか「よろしくないもの」があるんじゃないか。
と、心配になります。



何度も読み返したくなるお話。
何度読み返しても、いつまでも面白いお話。
時間が経っても長くかわいがってもらえるお話。

そんなお話が書いていけたらいいなぁ、と切に願います。

どうやったらそんなことができるのかわかりませんが、とにかく自分にできることは書くこと、完結させることだと思って書いています。








コメント